熊本デリヘルが人気な理由と攻略法

九州地区でも群を抜いてハイレベルなデリヘル地帯として有名なのが熊本です。店の数は100店舗以上、人口に対してこれほど風俗店が多い地域は日本でもめずらしいものです。

阿蘇山の噴火か、熊本 デリヘルでの大噴火か(笑)なんて感じで楽しみたいと思ってます。


熊本に居る立ちんぼ


風営法が変わったというのもありますが、風俗店は基本的に入れ替わりが激しいものです。
日本随一の風俗街である熊本も、それは変わりません。
熊本のソープランドと言えば有名どころの話ではありませんが、数が多い分だけ入れ替わりも激しいです。
セクキャバやピンサロなども同様です。特に風営法の隙間をうまいところぬって動いている店舗は、ささっと移れるように準備しているものですしね。

そんな中、店舗を持って活動してるわけでもないのに、やはり移りかわりの大きなものと言えば、風俗街の象徴のような、所謂「立ちんぼ」です。
今はこれ一本でやっていける女性がいないからなのか、軒並み数は減りましたね。安全面から、ラブホテル自体が、立ちんぼを規制するスタンスをとるようになったのも大きいのでしょう。物騒な事件も色々ありましたしね。
ラブホテルの方は、ちゃんとした派遣店舗を持っているデリヘルの方を信用しているでしょうし・・・。
それに、なにかあったときに立ちんぼ相手だと、一般人はなかなか立ち行けませんから・・・。

とは言っても、気軽さと値段の安さ、サービスの規定が細かすぎないというあらゆる意味で、立ちんぼは重宝したりもします。しかし、天下の風俗街である熊本の中央街でさえ、現在はほとんどその姿は見られません。
いても、実際は勤めている店のある子の、勧誘活動の一環みたいなものです。